自宅に芝を張りたい方

芝張りは、簡単なように見えて意外と難しい作業のひとつです。そもそも芝自体が根付きにくい植物のひとつなので、間違った張り方をしてしまうと、長く持たずに枯れてしまうでしょう。それを避けるためには、専門業者に依頼した方がいいです。また、業者を利用するくらいなら人工芝にした方がいいんじゃないという方がいると思います。なので、人工芝と天然芝を比較していきます。

人工芝と天然芝の特徴を比較してみた

人工芝を張るメリットやデメリット

人工芝を張る上で、一番のメリットとなるのは、やはりメンテナンスの少なさになるでしょう。購入した時の長さから生長することはありません。なので、芝刈りをするために草刈り機を用意する必要もありません。意外と知られていませんが、施工するための費用は、人工芝の方が高くなります。

天然芝を張るメリットやデメリット

天然芝を張るメリットは、その自然な美しさでしょう。そして、天然芝はとても柔らかいので、裸足で歩いても痛くならないのです。また、天然芝は導入コストが低いので、お手軽に導入できるというメリットがあります。デメリットは、定期的なメンテナンスが必要になることです。まめに剪定をする必要があります。

ガーデニングを始めよう

ガーデニングにはさまざまな魅力があります。綺麗な花を咲かせる植物を育てたり、食べられる実をつける植物を育てたりと、その魅力は多くの人を虜にしています。樹木を育てる場合は、間伐や剪定といった作業が必要になるので、スキルや知識がいるでしょう。ですが、最近流行りの多肉植物などは、簡単に育てることが可能です。

初心者におすすめの多肉植物ランキング

no.1

ハルオチア

ハルオチアは、多肉植物の中でも頭一つとびぬけた人気があります。多くのショップでも、初心者におすすめの多肉植物として紹介されているので、名前だけを聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。葉が硬いタイプと柔らかいタイプがあり、硬いタイプはシマシマ模様が入ります。育てるのもとても簡単で、風通しがいいところに置き、時々水をやるだけでも育っていきます。

no.2

パキッフィム

パキッフィムは、とても肉厚な見た目が特徴の多肉植物です。とても乾燥に強い品種なので、水やりが少なくて済みます。逆に水やりをしすぎた方が枯れてしまうので、ほどほどにしておきましょう。また、ひとつだけ注意する点があり、夏の直射日光に晒さないようにすることです。なぜなら、枯れる原因になってしまいます。夏以外であれば、太陽に当てても大丈夫です。

no.3

クラッスラ

クラッスラはとても太陽が大好きな品種です。楕円形で肉厚な葉をいくつも持っています。成長していくと、こんもりとした木のようなフォルムになっていきます。クラッスラも乾燥に強い品種なので、水やりが少なくて大丈夫です。乾燥地帯で育ってきた品種なので、多湿には慣れていません。梅雨のジメジメした時期には、よく様子を確認しましょう。

緑に癒されてみよう!可愛い多肉植物の育て方を紹介

観葉植物

多肉植物の特徴

多肉植物の特徴はなんといっても、育て方が簡単ということでしょう。ひと昔前には、観葉植物が流行しましたが、多肉植物の方が圧倒的に手間が掛かりません。忙しい現代人に取って手間が少ないという点はとてもありがたいです。癒しを与えてくれる存在として日本でも人気が高まってきています。

水のあげすぎには注意

多肉植物のほとんどが、乾燥地帯で育ってきた植物たちです。なので、乾燥しても大丈夫なように進化をしています。なんと、水を溜め込むことが可能です。それゆえに、水のあげすぎには注意しなければいけません。水を与えすぎてしまうと、枯れてしまう原因になるので、植物によって最適な水の量を把握しておきましょう。それだけ確認しておけば、手間なくかわいい多肉植物を育てることができるでしょう。

人気の高い多肉植物

  • エケベリア
  • コチレドン
  • セダム
  • セネキオ

広告募集中