間伐をすることで得られることとは?木の成長のために必要な作業

間伐をしよう

植物を育てていると、どんどんと生長していきます。なので、定期的に間伐や伐採などのメンテナンスが必要になってきます。そのまま放置しておくと、景観を損ねるだけではなく、他にもさまざまなデメリットが生じてしまいます。ここから作業を業者に依頼した場合と、自分で行った場合の比較をしていきます。

木を自分で間伐した場合と業者に依頼した場合の比較

自分でした場合

間伐は、主に公共施設や公園、ゴルフ場などで行われます。間伐する範囲が増えるほど作業にかかる時間は増えます。また、必要な機械も丈夫なものが必要になるのです。よって自分で行う場合は、時間と労力、そしてお金がとても掛かります。機械を揃えるので、どうしても初期費用がかさんでしまいますが、その分継続して間伐していく場合は、業者を利用し続けるより若干お得になるでしょう。

業者に依頼した場合

間伐を業者に依頼した場合は、道具など全て必要なものが揃っているので、スムーズに作業が進むでしょう。また、作業に慣れているスタッフが行うため、安全性も高いと言えます。自分で道具を全て揃えるよりも、圧倒的に安い費用で間伐することが可能でしょう。ですが、業者の利用を継続的に続けていく場合は、自分で行うより費用が高くつくでしょう。

間伐をすることで得られることとは?木の成長のために必要な作業

間伐

木が密集した森林

日本では、山などに人工的に木を植えることがよくあります。ですが、その時に密集して植えすぎたせいで、さまざまな弊害が起きてしまっています。木が小さい時は問題ないですが、大きくなると周りの木と干渉してしまいます。なので、横に広がることができないのです。そうすると、木は縦に伸びて行こうとします。

間伐の必要性

木が縦に伸びていくと、それだけ不安定になります。また、根っこが地上に出てしまう現象が起きるので、土砂崩れが起きやすくなります。これらは、木が密集して過ぎていて、根っこに太陽の光が当たらないことや、土が水を含みにくいことから起こります。この弊害を防ぐために行うのが間伐です。間伐は、密集した森林などを、余裕持ったスペースで育つよう間引きすることです。

間伐して育った木

密集して育った木よりも、十分なスペースを持って育つことができるので、木が太く育っていきます。また、年輪が一定になるという特徴があるので、太さにムラのない綺麗な大木が育っていきます。こうして育った木は、高級木材として高値で取引されます。時間を掛けて育った木は、住宅の大黒柱や切りだして家具などに利用されます。

間伐が必要な森林の特徴

間伐が必要な森林は、まず森林内がとても暗いです。太陽が木の根元に当たっていない証拠です。また、根っこが地上に飛び出していて、とても歩きにくいです。きちんと太陽が地面まで届いていれば、雑草などが元気に生い茂っていますが、密集していると雑草はひとつも生えていないでしょう。こういった特徴がある森林は間伐する必要があります。

間伐や伐採で業者を利用した方の口コミ

安いのに丁寧 40代男性

家の周りに生えている木をいくつか間伐してもらいました。家に近いので、倒れてきたら困りますからね。ちなみに、私は素人なので業者を利用しました。しっかりと安全対策をしながら、丁寧な仕事をしてくれていましたよ。とても満足しています。

大規模な間伐に対応してくれた 50代男性

自治体が管理する山の間伐作業を委託しました。数百本という大規模な間伐でしたが、作業員を増員してくれてすぐに終わらせてくれました。思ったより作業の終了が早く助かりましたね。また機会があれば利用したいです。

危険な状態でも対応してくれた 40代男性

近所の公園に、今にも折れそうな危ない木がありました。子どもたちが登ったり遊んでいるのでいつ折れてもおかしくないような状況でした。そんな木でも対応してくれたことに、とても驚いています。おかげさまで子どもたちの安全が保たれました。

分からないことを親切に説明してくれた 30代女性

庭の模様替えをするために一本だけ生えている木の伐採を依頼しました。伐採とは関係ないガーデニングの相談まで乗ってもらい、作業員の方の対応は神だと感じました。今回はありがとうございました。

細かい指定を聞いてくれた 30代男性

切った木と切り株を使ってDIYをしたかったので、伐採のやり方を細かく指定しました。ですが、嫌な顔ひとつせず要望通りに伐採してもらいました。さすがプロだと感銘を受けたことを覚えています。

広告募集中